はじめまして
2016 / 05 / 08 ( Sun )
ワタクシの呼び名を変えてしまうほどの大仕事をした彼をご紹介いたします。

20160501.jpg

前の記事での待ち人こそ、彼でありました。(笑)

この写真は生まれた次の日の写真だというのに、なんというしっかりとした顔立ち。ww
じいちゃんに似た良い男になりそうな予感ですなぁ。(大笑)

さてさて。
これからいったい、どんな出来事が待ち受けているのやら。wwww
期待と不安と、ま、少し、彼と遊ぶ日を夢見て・・・
健康とやらにも気をつけましょうか。

みなさん、新しい家族の一員をば。
どうか、よろしくお願い致します。

14631436710.jpeg

※ コメントを見る ※
ご挨拶 | コメント(2) | page top↑
初夏
2016 / 05 / 22 ( Sun )
風の音
蝉の声
雛の泣き声
鳥の声
猫の声
犬の息づかい
飛行機の音
赤ん坊の泣き声

やまがら見ながら
かっこうが鳴きはじめて

氷が からん っていった
昼下がり





※ コメントを見る ※
いろいろです | コメント(0) | page top↑
おびえる猫ちゃんず
2016 / 05 / 23 ( Mon )
なな、なに???
なんなの????

っという、第2世代の猫ちゃんずです。(笑)
はじめて会った人間の赤ちゃん、大泣きにびっくり~~!
目が真ん丸になってます。www
爪を研いだ椅子の座面はぼろぼろになっておりますが、猫と暮らす方々でしたら当然のことでしょう。(大笑)





※ コメントを見る ※
にゃん。 | コメント(0) | page top↑
なにかどこかで覚えているのだろうか
2016 / 05 / 24 ( Tue )
たぶん
きっとぼくは泣いていたのだろう


たしか娘が生まれたときにも
同じような気持ちになったことを
25年ぶりにまた思い出した

記憶ともいえない
感覚としか言い様のない
気持ちみたいなもの

なにか体の中のどこかが覚えているのだろうか

それは
かすかに聞こえてくる
子を寝かせようとする歌の声
ぐずっている泣き顔を優しく見つめるまなざし

言い様のない せつないような気持ち
たぶんその時
ぼくは泣いていたのだと思う


孫が生まれたというのにね
おかあちゃんに会いたくなる
うつくしい歌声
なにか心がふるえる歌声

※ コメントを見る ※
いろいろです | コメント(0) | page top↑
| ホーム |