渓流にて。
2012 / 09 / 10 ( Mon )
ちょっと人に『フライフィッシングを教えて』って言われましてね。


我が家にミーナが来る前は、熱心に出かけておりました。
朝早くに出かけるから、ミーナが連れてけって騒ぎます、
一度連れて行ったら川で大はしゃぎしちゃってね、
連れて行かなかったら、それはそれで大騒ぎだし。

で、なんとなく遠のいておりました。

そうは言っても、年に一度くらいは渓流でロッドを振っていましたが、
ここのところ・・・・
ロッドとリールが重く感じちゃうし。
目が悪くなっちゃって、老眼で糸が針を通らず、
乱視で投げたフライが見えず・・・・
おまけにアマゴやイワナが出ても、反応できずに合わせられない。
しまいにゃ、集中力が1時間強で尽きてしまう・・・・。
こりゃもう、やめた方が良いってもんですけどね。(笑)


教えてと言われたら、自分なりにちょっと頑張っちゃう性格でして。
乱視は大きくて見やすいフライを作ることにして、
老眼は、とりあえず100均の安い老眼鏡をいくつか買ってきて、
とにかく手元が一番大きく見えるものを使うことにして、
ロッドとリールの重さで肩こりしちゃうのは・・・・
ま、自分で楽しむ分には、テンカラ竿でいいやっと、
反応の遅さはちょっと練習でなんとかカバーして、
集中力が切れたらやめようっと。


え~、必要のない前置きが大変長くなっちゃいましたが、
人に教えるには、とにかく勘を取り戻すということで、
久々にゆっくりと渓流を歩きました。

SH3G0116.jpg

釣りとか関係なく、ココを歩くだけでかなり 森林セラピー的な、
ヒーリング効果で病んだ心が洗われるようです。

この日は、肩が張るのを避けるためテンカラ竿を使います。
っと、すぐに来ました。
アマゴのちっちゃいやつ。

SH3G0114.jpg

このサイズになると、逆に掛けるのに難しいっす。
久々の感触を確かめながら、川の中をヨロヨロと歩きます。
お!来た来た!!

SH3G0115.jpg

正確に測ったわけじゃないけど、竿の巻いておる部分が約20センチ、
それとほぼ同じ大きさですから、20センチくらいですね。
それも、こちらで合わせた記憶がなく・・・・
『ああぁ?あぁぁ~!あ~あ~あ~っ!』
って言っているうちに、アマゴさんの方で勝手に引っかかって
くれた感じです。
なんという、優しいアマゴ様。

特に管理されていない川で、たまに地元の小学生が行事で
アマゴの稚魚を放流する程度の川ですので・・・・
でも、小学生や中学生、はたまた大人からご老人まで、
誰でも手軽に釣りができる川なので、なかなか大きな魚体と
会えるわけではありません。
20センチは 良しっ といたしましょう!!
もちろんリリースです。

っと、この後20分ほどで集中力が終わりまして、早々に竿はたたみますが、
久々に入った渓流ですから、このまましばらく沢を登ります。
ま、わかる人にはわかるでしょうけどね、なるほど。
好きなわけだなぁ・・・・。(笑)
良い川だなぁ。
水は冷たくて気持ちいいし。
釣り用のウェーダーを履いているから、川の中でも平気ですが、
素足だったら冷たくて10分と入っていられないですよねぇ~。
上は土砂崩れ等が発生していて、工事をしているみたいです。
この川はね、どんどんどんどん登って行くと鉢伏山の中腹まで
行っちゃうんですよ~~。
(っと、誰ということもなくさりげなく教えて・・・・。)


夜。
昼間の渓流釣行を思い出しつつ・・・・
反省会をしつつ・・・・
ちょっと、うぃすき なんていただきながら・・・・。
老眼に優しいフライを巻くことに。
フライを巻く作業は、やはり細かな作業が多いのでして、
ここでもやはり進行しつつある老眼を感じながら、
こんな人工的なド派手なピンクを使ったフライを巻くなんて
っとか、ちょっと悔しがったりしておりますが、
寄る年波には逆らえずに、渓流魚に嫌われそうなピンクの
ウィングで大き目なフライを巻きました。

SH3G0118.jpg


フライが見えなきゃ釣りにならず・・・
良く見える派手なフライは魚に嫌われる・・・

釣れても釣れなくても、フライが見えないっていうストレスよりは・・・・
いいのかねぇ~。(笑)

※ コメントを見る ※
F・フィッシング | コメント(0) | page top↑
オーストラリアンシェパードって
2012 / 09 / 13 ( Thu )
オーストラリアンシェパード。
オゥシー。

 結婚して家を建てて子供達が成長して少し落ち着いたら
 犬を迎えたいね。

そんな話を家内としたのは20年も前の話。
それが現実となって迎えたのがミーナ。
ブラックトライがとても可愛く見えて、好きだったんです。
皆さんに叱られちゃうかもしれませんが、
だから、一番初めに考えたのはバーニー。
だって、オゥシーの事なんて知らなかったからねぇ~。

ただ、バーニーは大きいっ!
近くにGピレニーズが散歩に来ていたんですが、
ま、そこまで大きく無いにしても、近い大きさだと聞きました。
自分はそれでOKなのですが、いかんせん夕方散歩担当の
家内が・・・・・
引っ張られたら・・・・
引き回しの刑になりそうで心配だ・・・・。
って。
身長150センチ余りの家内には、やっぱりちょっと無理なのかなぁ。

で。
愛犬の友なんかで譲渡希望の欄でちっちゃな写真を見つけたのが

 オーストラリアンシェパード!!

だったんですよねぇ~。
1998年の今頃でしたっけ。

それからワンコ図鑑を買い漁ってその性格や容姿を確認したんすよね。
当時の図鑑にはとにかく情報が少なくて、
大よその大きさとだいたいの性格くらいしか載っていませんでした。
ま、でも、コリーとかボーダーも好きでしたから
なにやら近い犬種らしいって簡単なノリで
今は立派なケネルになっているけど、当時は愛犬の友の譲渡欄に
個人で出していたYさんにお願いする事になったんです。
その時は日本での登録が400頭を少し超えたくらいだってお聞きしました。


そんな出会いだったんですよね。
我が家のオゥシーとの出会いは。
本当にこの犬種の情報が無くって・・・・・
どう育てたらいいのかって・・・・・
実はあまり悩んだことがありませんでした。

幸い、近所には隣に1軒しか家が無かったし、
50メートルも道を上れば誰もいない原っぱが続いておりましたから
ディスク投げたり、一緒に山を登ったり、
小川で泥だらけになったり、天然記念物のカモシカを追っかけたり
バイクと一緒に走ったり(ミーナはメーター読みで60キロ近くでましたよ~!)
本当に疲れるまで遊ぶことができましたから
問題行動もなくて楽でした。
そんな感じで・・・・
ご存知の方もいらっしゃると思いますが、
めちゃめちゃ元気が良くって人懐こくて
誰彼かまわず撫でられてさえいればもうウレシウレシィ~~ッ!!!
っていうミーナさんに育ったわけです。


そんなミーナを、そしてヤンキを見送った後に・・・・・
ぼーっと考える、自分のオゥシーのイメージ。
あまり言葉にしたことが無いんですけどね。
一言でまとめちゃったら。

『今するべきことを自分で考え理解して
   最小限の力で最大の効果を発揮する様に動く事の出来る犬。』


これが、自分の持っているオゥシーのイメージです。


今年も夏が過ぎ・・・・・
いよいよやってまいりました!!

 AUSSIE A GO GO!! 第11回 秋のオフ会
平成24年10月7日 (日曜日)正午 
白馬・ホテルフェニックスウィングさんに集合!!


っということですねぇ~!!
あ、詳しくはこちらです。↓
        オフ会のお知らせ


珍しい犬種だったこともあって、ネットで繋がってからは
いろんな話をさせていただいたり、いろんな所でオフ会を
開催したり、参加したり。
楽しい思い出がいっぱいです。

ウチにはもう、実体のあるオゥシーはいないのにね。
いないのに、今年もお誘いいただきました。
本当に、嬉しい限りです。
去年もそうでしたけど、オゥシーもいないのに
出しゃばって参加するのも・・・・・
って考えちゃうんですよねぇ~。

でも。
なにかしらの経験を話すこともできるかもしれませんし、
なにより、皆さんにお会いしたいっ!
年を重ねるごとに友人も少なくなりますからして、
たとえネットを介してでも、お知り合いになれた方には
是非お目にかかりたいと思うわけであります。
今年も甘えちゃおうって素直に思っちゃうわけであります。

ただ・・・・・。
FBにも書きましたけど、超前向きで検討中です。
ま、早い話が、出不精の家内を何で釣ろうか模索中ってトコロです。
残念ながら、泊まることは出来そうにありませんが、
何とか参加にこぎつけたいと思っております。
(倒れた時にはごめんなっさい!!)

秋の澄んだ空の下で皆さんにお会いできたらいいなぁ~~!

※ コメントを見る ※
ワン! | コメント(9) | page top↑
51
2012 / 09 / 24 ( Mon )
51歳になりまして。
ま、50歳最後の日と、51歳最初の日では
1日しか違わないのですし。
もっと言ったら、
50歳最後の日の23時59分59秒と
51歳最初の日の0時0分0秒とは
1秒しか違わないのですから・・・・
早い話がそれほど変わらないわけです。(笑)
どんな理屈だっておっしゃいましたか?
そんな屁理屈を言い放つような歳なのです!!(大笑)

でもね。
嬉しい事もあるんですよね。
家内からは、サロモンのRXモックのオレンジ/グレーのちょっと派手目なやつを、
娘たちには、かねてから気になっていた店に連れて行ってもらいました。

となり街、塩尻にある 『BrasserのでVin』←クリック という店です。
ブラッスリーって、居酒屋って意味だそうで、Vinはワインだって。
塩尻は、自分も大好きな国産ワインの産地なんですが、
その塩尻で美味しいおつまみをいただきつつ、ワインを飲む店が少ないっと。
そろそろ、『 Brasserie(居酒屋)の、出番(でVin)』 という意味で
名前を付けたそうです。
そもそも、塩尻ワインに惹きつけられた方が、その塩尻ワインを楽しむ料理を
作るわけなのですから、もう、何食べたって文句のつけようがないのです!!
そして、その中でも・・・・・
このワイン。
SH3G01391.jpg
初めていただいた城戸ワイナリーのワイン。
これは、あ、いや、なるほど~~~っ!!
あっちゅう間に1本飲んでしまいました。(笑)
もうちょっと味わえよっ!!

去年にネットで見つけて、ワイナリーまで見に行ったのですが
すでに売り切れ状態でした。
今年は今年で、予約抽選での販売に変更になり、
秋の分はすでに終了・・・・。((+_+))
気が付くのが遅かったんすよね。
また来年の春まで待とうと思っておりましたら。

っと、どうやら駅近くの店で飲めるらしいという情報を見つけ
んで、誕生日に連れてきてもらったって訳です。

これは2011年のオータムカラーズのメルローで、お店の方曰く

  2011年はちょっと弱い・・・・

のだそうです。
いやいやどうして!それでもこれだけ力強いのねっ!!
も・・・・・

   +。゚★感・・(ノ)゚∀゚(ヾ)・・激★゚。+゚

国産ワインのイメージが赤玉ポートワインって方。(笑)
ぜひ、塩尻や小布施、お隣の山梨のワインを試してみてくださいね。
自分には本当に合っていると思います。
値段も手ごろなものが多いしね。(中には超お高いものもあるけど)
え~、あまり宣伝しちゃうとワタクシの口に入る分が減っちゃいそうなので
この辺にしておきます。(笑)
ちなみにおつまみの一部を・・・・。
SH3G01411.jpg
これはきっと牛すね肉の煮込みでしょうか?
ワインに感激のあまり、何を頼んだのかさえ記憶がなくって、
ひたすら 「美味しい美味しい」 っとバクついちゃっておりました。

きっと、お金をいっぱい出すことができたらフランスやイタリヤの高級ワインとか
めっちゃ高い生ハムなんかを食べられるのでしょう。
信州の田舎でもフランス料理の店くらいはありますしね。
松本の 老舗フレンチの 「鯛萬」 とかで2万円のコースを頼んだら
そりゃぁ美味しい料理が出てきます。 
でも、ワタクシが大好きな地産ワインをこうやって丁寧な仕事の料理と
一緒に出してもらえて、娘たちとワイワイ言いながら
肩ひじ張らずに気軽に楽しめるってやっぱり嬉しいなぁ。
本当に楽しい時間となりました。
娘たち、ありがとね~~~っ!!


さて。
酔っぱらって家に帰る前の恒例行事と言えば。
『コンビニに寄って珍しいビールを買う』ですが、(そうなのか??)
見つけました~!
SH3G01421.jpg
(右上に写っているのは、こばさんみたいに本当に写っちゃった
その筋のものではありませぬよ!)

このビール。
プルタブが下にあるんすよね。
なんですか、濁りを維持するために上下を逆さまにしてあるんだって。
だから、注ぎ終るとほれ。
SH3G01431.jpg
印刷が反対になっちゃうんですねぇ~。
もともと、独特な味わいのベルギービールが好きですから、
もちろんこれも気に入っちゃいました。
しろにごりって言うらしいのですが、レモンのような酸味がして
でも、本当に爽やかな感じのビールでした。美味しいっすよ!!


こうして。
ちょっとひねくれた50歳が、素直に51歳を迎えたわけでございます。

でも・・・・
誕生日の23日は予定していたフライフィッシングが大雨のため中止!
天気も悪いし、家の中で家内と二人での~~んびり過ごしました。(笑)

※ コメントを見る ※
美味しい? | コメント(8) | page top↑
顔本
2012 / 09 / 29 ( Sat )
フェイスブックで人を探して友達になるのって
旧知の友人とかだったら本名も知ってますから良いのですが。
さりとて、こうしたブログとかで堂々と本名を名乗るのも・・・・。
だけど、『探してくださいね』って言っても、
探しようがないじゃないか・・・・。

って、思ってました。

そこで。
ちょいと妙案が浮かびました。


   三波伸介の息子さんの名前で探してねぇ~~!


っとだけ言っておきましょう!!(笑)

どおりで初代によく似ている・・・・・・・
っとか言わないように!! (*`З´*)

※ コメントを見る ※
いろいろです | コメント(4) | page top↑
| ホーム |